低温調理で!ゴマだれバンバンジー

調理時間 1時間以上, 発酵・低温料理鶏肉, きゅうり, トマト

ホットクックでゴマだれバンバンジー

サラダチキンみたいなしっとり鶏むね肉にゴマだれがウマイ!付け合わせのきゅうりとトマトも箸が進む進む。

※違う人数分で作る場合は、量を調節して操作はそのままで作ってください。

※加熱時間は、同じ操作でも材料の量と状態によって前後します。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉 250g 塩胡椒をまぶす
  • トマト 1個 くし切り
  • きゅうり 1本 千切り

ゴマだれ

  • すりごま(炒りごまでも可) 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 酢 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • 味噌 小さじ1
  • ごま油 小さじ1/2
  • ラー油 お好みで

作り方

鶏むね肉は裏表に塩胡椒を振り、ジップロックに入れます。なるべく空気を抜いて下さい。

ホットクックにジップロックを入れ、鶏むね肉が浸かるくらいの水を注ぎ、「発酵・低温調理・65℃・45分」を設定します。

「65℃になってから45分」という設定なので、加熱完了まで1時間以上かかります。

ホットクックが加熱している間に、ゴマだれを混ぜ合わせ、きゅうりとトマトを切っておきましょう。

ホットクックでゴマだれバンバンジー加熱前

加熱完了。

ホットクックでゴマだれバンバンジー加熱後

一応、断面図を見て火が通っているか確認して下さい。鶏むね肉は大きさにばらつきがあるため、大きめだと生っぽい事があります。その際は、延長加熱して下さい。

ホットクックでゴマだれバンバンジー火が通ってるか断面図確認

鶏むね肉をそぎ切り、きゅうりとトマトと皿に盛ってゴマだれをかけて完成です。

ゴマだれが非常に良く、鶏肉はもちろん、きゅうりとトマトもとても美味しくいただきました。

ホットクックでゴマだれバンバンジー完成

実をいうとこの日きゅうりが1/2本しかなく、このような斬新な盛り付けになりました。

Instagramで「#棒棒鶏」と検索すると綺麗な写真がたくさん見れるので、お好みの盛り付けでやってみてください。Instagramは登録してなくても見れます。

辛めのタレの棒棒鶏がお好きな方はこちらをどうぞ

低温調理でピリ辛バンバンジー