手動メニューで勝間式ブレイズ

2019年6月29日調理時間 30分未満, 炒め物

ホットクックで勝間式ブレイズアイキャッチ画像

勝間和代さんから広まったブレイズ。火の通りやすさが違う野菜でも、手動メニューで問題なく出来ます。簡単でおいしい上、何でも入れれば良いので、冷蔵庫の余り野菜の処理にも便利なメニューです。

材料

  • 好きな野菜
  • 野菜の重量の0.6%の塩
  • オリーブオイル 適量 2人分で大さじ1程度

今回は余り野菜の

  • カブ 1個
  • なす 1本
  • キャベツ 1/4個

を使いました。

作り方

野菜を一口大に切り、野菜の重さを測ります。

ホットクックで手動の勝間式ブレイズ重量測る

348gなので、

348g×0.6%=2.088g

0.088は切り捨てして2gの塩を入れました。あとはオリーブオイルをひとまわし。

「手動・煮物・まぜる・5分」を選択します。

ホットクックで勝間式ブレイズ手動加熱前

約15分後。随分とカサが小さくなりました。

お皿に盛り付けて完成です。塩とオリーブオイルの味付けなので飽きが来ず、野菜をモリモリ食べる事が出来ます。

ホットクックで手動の勝間式ブレイズ完成

今回、根菜(カブ)、果菜(なす)、葉野菜(キャベツ)と火の通りやすさの異なる野菜で作りましが、問題なくおいしく出来ていました。

洋風の献立なら、副菜として何にでも合わせやすいです。ホットクックユーザーならヘビロテ必至のメニューです。

ホットクックでハッシュドポークとブレイズ

ホットクックで作ったハッシュドポークとブレイズ

【追記】2019.6.29

「手動・煮物・まぜる・10分」を選択するとズッキーニやピーマンに火が通り過ぎてしまうことがあるため、「手動・煮物・まぜる・5分」に変更しました。

じゃがいものような火の通りにくい野菜でもホクホクになりました。大体2〜3cm角で切りました。万が一、加熱が足りなかった場合は延長加熱してください。

ホットクックで勝間式ブレイズ手動じゃがいも入り